相手にしてはいけない!ネットの誹謗中傷と酔っ払い

誹謗中傷なんて気にしちゃ駄目ですよ

ネットには誹謗中傷が溢れていますよね。中には人の生活に支障をあたえる物凄く悪質な誹謗中傷もあると思いますが、大体はよくある暴言です。「バカ」とか「アホ」とか「キモイ」とかですね。他、未婚や無職の人たちに対する暴言もよく見ます。問題は誹謗中傷を受けて感情的になり反応してしまう人がいるという事です。あなたはどうですか?誹謗中傷されて反応してしまった経験はありませんか?腹が立つのは分かりますが相手にしてはいけませんよ。

酔っ払いを相手にしているようなものです

ネットで誹謗中傷をしている人達の多くは普通の会社員だったり主婦だったり学生だったり、いわゆる一般的な生活を営んでいる人達でしょう。これがネットの世界になると豹変してしまうのです。ネットの匿名性が、その人の自制心や抑制心を弱くしてしまい本性をあらわにしてしまうのです。そういう意味でネットの匿名性はアルコールに似ています。人はお酒を飲むと、陽気になったり、暴力的になったりと様々ですが、あれはアルコールが自制、抑制心を弱くしているのです。そのため自分を抑えきれなくなり本性が顔を出してしまうのですね。そうなんです。ネットの誹謗中傷に反応する事は酔っ払いを相手にしている事と変わらないのです。

あなたが相手にする事はない

とにかく相手にしないで下さい。何故、あなたが酔っ払いの相手をしなければいけないのですか?おかしいでしょ。無視して放っておけば良いのです。誹謗中傷している人達はいずれ酔いが覚め、馬鹿な事をしてしまったと反省する日がきます。毎日、深酒をして酔っ払っている人達と同じようにいずれ大きな失敗をする日がくるのです。ネットが匿名で利用できる限り、誹謗中傷はなくならないと思います。ですから、どうやって、誹謗中傷とつきあっていくかを考えた方が良いです。考え方一つで誹謗中傷なんて気にならなくなると思いますよ。では!

インターネットが普及して身近な存在になって便利な世の中になりましたが、逆にネット誹謗中傷も増えています。誹謗中傷したら正しく対処されるべきだと思います。