これだけ押さえておけば大丈夫!見やすいホームページの作り方

グルーピングを上手に活用!

通常ホームページの設計は、トップページがあり、そこからハイパーリンクにて他のページに飛んでいくように設計を行います。例えば店舗の紹介のホームページであれば、「店舗の特徴」、「店舗のアクセス」、「お問い合わせ」などのリンクを作ることになります。この時には、トップページがわかりにくくならないように、効果的にグルーピングを考えるのが得策です。例えば、「店舗のアクセス」をトップページ上に「お車でのアクセス」・「電車でのアクセス」などと分けてしまうと見づらいホームページとなってしまうのです。

写真と文章をバランスよく!

人間は視覚による刺激が最も多い生き物です。文章だと、読むのが面倒などと考えてしまう人も多いですよね。しかし、どうしても文章で伝えたいメッセージもあるはず。そこで、写真と文章のバランスをよく考えて配置しましょう。インパクトのある写真を一つ大きく掲げて、興味を持たせ、バランスよく文章を並べれば読んでもらう気になるかもしれません。また、文章の文字の大きさやフォントなども3種類程度に抑えた方が上品な仕上がりとなります。

デザインにルールを持たせることが大切!

ホームページは、トップページから、サブのページなどにハイパーリンクをさせることが多いですが、自分のホームページの全てのページに関してデザインに統一性をもたせることが大切です。例えば、メニューは上部に固定する、背景のデザインをといつするなどすると、ホームページに上品な雰囲気が漂います。画像のレイアウトの仕方なども全ページバランスよく配置するなどデザインにルールを持たせることが大切です。何より、閲覧者に違和感を抱かせることがなくなり、見やすいホームページとなるのです。

レスポンシブデザインは、様々なビジネスシーンで活用されることがあり、色合いや形などに注目をすることが効果的です。