ネットでの誹謗中傷対策はどうすればいいのか

ネット社会の怖さを知ろう

誹謗中傷という言葉はとても辛い響きですよね。誰かの勝手な都合でいきなり自分にとって悪い事をかかれてしまうのですから、気分は最悪ですよね。それが一人では収まらない場合もあります。その怖さがネットにはあります。ネット社会の今ではネットでの誹謗中傷というのは当たり前の行為になってしまい、したことのない人がいないという位の世の中です。昔ならば面と向かって言ってきたことが今の時代は便利になった反面そういう怖さもあります。

顔の見えない相手だからこそ

人の心理では、顔が見えない相手だからこそ大きい事が言えてしまうのです。それは良いこともそうですが悪い事も同じです。それだけ顔が見えないというのは人に変な勇気をあげてしまうのです。その勇気がおかしな方向に行ってしまって挙句の果てに事件につながってしまうこともあるのです。近年不可解な事件が多くなっているのは、そういうネット社会におぼれて世界が狭まってしまい、人と人との交流がなくなってしまっているのが原因である場合もあるのです。

奇妙な光景から生まれるもの

このような狭い世界の中で起きている出来事はまるでゲームのような感覚になってしまう人が多いので、それだけ不可解な事件が多くなっているのです。ネットということで本名を出さなくていいという事からゲームをしているような感じになるのです。コミュニケーションも画面の中でのみ行うようになるので部屋から出なくても友達がいるという奇妙な光景がこのような閉ざされた世界を作ってしまうのです。そうなると誹謗中傷などは当然かのような事になってしまうのです。

2ちゃんねる削除を削除要請をすれば消してもらえることもあるので、気になることがあるならお願いすればいいのではないでしょうか。